グリーンブルーのブログ

環境問題でお悩みの地方自治体や企業、 最新の研究に取り組まれる研究者の方々に 環境調査、環境分析、環境モニタリングをベースに貢献している グリーンブルー株式会社が最新のニュースやその時々の話題をお届けします。

この夏から「認定NPO法人富士山測候所を活用する会」様のご依頼で、グリーンブルーのセンサーユニット「GBiot」(ジビオット)が富士山山頂の測候所に設置され、日本で最も高い場所で大気の観測を開始しました。 世界の標高3000mを超えるような高山では、大気を観測する取り…
>>続きを読む

西武鉄道では、当日の朝に収穫した秩父地域オリジナル品種のブドウを特急「ラビュー」を使って西武デパートの池袋本店に鉄道輸送して販売しています。毎朝運ばれているブドウは「ちちぶ山ルビー」と呼ばれる希少品種で、生産量が少なく、市場にあまり出回らないものだそうで
>>続きを読む

この夏に入ってから欧州環境機関(EEA)が新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な大流行によるヨーロッパ域内の使い捨てプラスチック製品の消費量の変化とその環境影響を分析して、ウェブサイト上で公表しました。 その報告によると、新型コロナウイルスの広域的流行を受
>>続きを読む

2021年5月、フランスの政府と化学・材料戦略委員会が、化学分野の脱炭素ロードマップを公表しました。ロードマップは、化学分野における温室効果ガスの排出量を2030年までに2015年比で26%削減するとしています。また、エネルギー効率の改善、エネルギー供給の低炭素化、一酸
>>続きを読む

アメリカの各地で発生する熱波は長期的になり、頻度も増えているとしています。それによってカリフォルニア州などの山火事は大規模化しており、失われる森林の面積も拡大しています。アメリカ東部やメキシコ湾岸では洪水が頻発しており、その原因は地球温暖化による氷河の溶
>>続きを読む

4月17日に国立環境研究所が科学技術週間に合わせた「春のオープンキャンパス」を開催するとの発表がありました。環境研究の魅力や我々が直面している環境問題について、知ることができる機会になるように企画されたオンラインイベントです。視聴・参加するのに費用もかかりま
>>続きを読む

花粉症に悩まされる方々が多いこのシーズンですが、大陸からの黄砂が追い打ちをかけてくる時期でもあります。中国の気象局が発表したところによると、昨日3月15日には過去10年間で最大規模の黄砂が発生しているといいます。モンゴル南部のゴビ砂漠の一部で非常に強い風が吹
>>続きを読む

先日、関東地方には春一番が吹きましたが、まだまだ寒い日が続きますね。グリーンブルーのスタッフも冬のコンディションのデータを取るために全国を飛び回っています。例えば、日本の東北以北の地方では環境モニタリングでは、氷点下の気温のなかで作業することになります。
>>続きを読む

グリーンブルーでは、大気観測の常時監視局に風向風速計を設置したり、室内環境の測定で室内の空気の流れを把握したりと、様々な場面で風向や風速を測定するサービスをお届けしています。その中でも風速を測るにはどんな手法があるでしょうか---【回転式風速計】よく風見
>>続きを読む

皆さんもご存じのスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんがオンライン会合「ダボス・アジェンダ」に参加して、各国政府などが地球温暖化対策として設定している目標は「曖昧かつ不十分」だと批判しました。このオンライン会議は、スイスのシンクタンク「世界経済フ
>>続きを読む

2021年の幕開けを迎え、皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。また、旧年中は格別のご支援、お引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。今年は新型コロナウイルスの全世界的なパンデミックを持ち越してしまった年明けとなりましたが、そのためにデジタルトランスフォー
>>続きを読む

平素よりグリーンブルー株式会社のサービスをご利用頂き、厚く御礼申し上げます。2020年も残すところあと僅かとなりましたが、弊社では誠に勝手ながら下記の期間を年末年始の休業とさせて頂いております。何かとご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご了承下さいますよ
>>続きを読む

このほど、オランダの科学専門誌「環境インターナショナル」にイタリアのサン・ジョバンニ病院のアントニオ・ラグサ氏をはじめとする研究者たちが発表した内容によれば、妊婦の胎盤からマイクロプラスチックの粒子が見つかったとのことです。   発表によれば、イタリア ロ
>>続きを読む

多くの場合、環境大気の観測や測定は真冬や盛夏のコンディションを狙って実施することが多いのですが、調査の目的によっては必ずしもそうではないことがあります。この秋の大気観測にはドローンのチームも駆り出されて出動しています。この動画はそんな活動報告の予告です。
>>続きを読む

測定のノウハウとIoT技術を活用する空気監視サービス「GBiot®」(ジビオット)をローンチしました!GBiotのサービスでは、精度の高いセンサーなど最新の技術を組み合わせ、身の周りの空気を見守り、皆さんの安全・安心な生活をサポートします。GBiotはセンサーからのデータ
>>続きを読む

埼玉県環境科学国際センターの上空300mまで大気を調べるため、飛行の予定です。埼玉県では光化学スモッグ注意報が日本で最も多く出されています。光化学スモッグの原因となるオゾンをはじめ、大気汚染物質は呼吸器系に潜在的に悪い影響を与えますが、喘息などの基礎疾患をお
>>続きを読む

久しぶりに映画のご紹介を差し上げます。長い間新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛が求められる期間が続いていましたが、映画館での作品鑑賞も難しい状況が続いています。それでも少しずつ感染防止の工夫をしながら、今回ご紹介するような作品が大きなスクリー
>>続きを読む

主に関西地方の測定器保守の現場を駆け巡っているスタッフから、駐車場のアスファルト塗装を割って花を咲かせた小さな雑草の写真が送られてきました。 日々のメンテナンスで次から次と大気の常時監視測定局を忙しく移動していく時にも、こんなささやかな命に目を止めること
>>続きを読む

グリーンブルーでは、高山や山岳地での環境観測を行うために許可を得て国立公園の奥まで立ち入ったりすることがあります。例えば、環境大気の調査などを行う時には、大気境界層(地表面から500m~2kmくらい)を大きく超えて、自由大気の中に突出している富士山や日本アルプス
>>続きを読む

ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省のスベ―ニャ・シュルツェ(Svenja Schulze)大臣は、環境技術の動向を掲載する「グリーンテック・アトラス2021」の取りまとめに際して「新型コロナウイルスのパンデミックの環境技術分野への影響は、全体的な経済影響と比べれば明らか
>>続きを読む