米東部時間の15日未明にアメリカ各地で皆既月食が観測される見通しです。

 

今年から来年にかけて4回も連続で起こる一連の皆既月食は、北アメリカでは今月と10月に加えて、来年の44日と928日の合計4回も観測できる見込みです。残念ながら最初の皆既月食に当たる今回の現象を日本では見ることができません。次回の108日には日本からでも見られます。

 

そこで、気象予報サイトのウェザーニュースでは、国立天文台ハワイ観測所の協力を得て、ハワイ島のマウナケア山から、皆既月食をインターネット経由で中継するそうです。中継は415日の14時頃から。

 

皆既月食では地球の陰に入った月が、赤く燃えるように見えることから「血の月」とも呼ばれるのだそうです。興味のある方はウェザーニュースの中継をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

NASAもアメリカ東部時間の1513時頃から月食に関する質問にリアルタイムで答えるチャットを立ち上げるそうです。
 


moon