環境に配慮した製品を事業者から優先して購入している団体を表彰する『グリーン購入大賞』が、今年も応募を受け付けています。全国の企業や行政と民間団体を含めた消費者で構成される「グリーン購入ネットワーク」(GPN 会長:平尾雅彦氏)は、例年グリーン購入の普及や拡大に取り組んでいる団体を「グリーン購入大賞」で表彰し続けて、今年で16回目を迎えることになりました。

 

「グリーン購入大賞」を受賞すると、その団体の活動内容は様々なメディアを通じて広報されて、環境を題材としたセミナーやフォーラム等でも受賞団体の取組みとして紹介されたり、発表の機会が与えられたりします。大賞、優秀賞、奨励賞の上に環境大臣賞、経済産業大臣賞、農林水産大臣賞があり、応募できる部門は「大企業」「中小企業」「行政」「民間団体」「協働プロジェクト」に分かれています。

 

例えば過去には、阪急電鉄の「エコトレイン」の取り組みが第11回のグリーン購入大賞で環境大臣賞を受賞しました。電車の外装や車内広告に環境問題を分かりやすく伝えるメッセージを掲載したエコトレインを8ヶ月にわたって運行し、乗客の一人ひとりがすぐにできる環境保全の行動を呼びかけたことが、高く評価された結果の受賞でした。

 

16回グリーン購入大賞の応募期間は711日までとなっています。地球温暖化防止対策や生物多様性保全に前向きな活動をされている方は、是非応募されてみてはいかがでしょう。


ecotrain
 

【応募テーマの例】

1. 組織的なグリーン購入の推進

2. 環境配慮型製品・サービスの普及・拡大の取り組み

3. グリーンコンシューマーの育成・増加への取り組み

 

グリーン購入ネットワーク

http://www.gpn.jp/index.html

 

16回 グリーン購入大賞 募集要項

http://www.gpn.jp/results/images/pdf_youkou.pdf