毎年6月は「環境月間」です。環境省や地方自治体、企業などでは環境セミナーや展示会などを各地で開催しています。

 

例えば、企業では入浴剤やシャンプーバーで女性にも人気のある「Lush」(ラッシュ)が69日~630日の期間、「GOGREENキャンペーン」と銘打って、固形商品のプラスティックパッケージゼロを目指す販売方法「Naked(ネイキッド)」を開始します。今回、ネイキッド販売の対象になる約140アイテムについて、その合計製造数は年間で約250万個。そのパッケージの重量は、およそ10トンにもなるのだそうです。今回“ラッシュが、地球のためにひと肌脱ぎます”をスローガンにして、これらのパッケージを省いた販売を行うことで地球環境への負担軽減を狙っています。69日には新宿駅前店で、614日には渋谷駅前店と新宿駅前店の両方で、イベントも開催される予定だそうです。

 

また、6月5日は「環境の日」です。1972年にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連では6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本でも「環境基本法」で6月5日を「環境の日」としています。

 

この「環境の日」の中心的なイベントになるのが「エコライフ・フェア2014」です。エコライフ・フェアは1990年以来、環境省(環境庁)や関係地方公共団体、企業、NGOなどが連携し実施されてきました。今年も東京・渋谷の代々木公園ケヤキ並木・イベント広場で開催の予定です。

 

エコライフ・フェア25周年を迎える今年のテーマは「未来をかえる暮らしの提案」となっており、67日(土)、8日(日)の2日間の開催です。

スーパークールビズのファッションショーやスポーツと環境に関するトークショーがあるほか、TokyoFMのトークショーには北川環境副大臣が登場され、「未来を変える暮らしの提案」に関してお話しになるそうです。

 

東京近郊にお住まいの方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

---エコライフ・フェア2014概要---

開催日時 201467日(土)、68日(日)

開催場所 代々木公園 ケヤキ並木(NHKホール前)・イベント広場

主催 環境省  共催 渋谷区

入場料 無料

funtoshare2