グリーンブルー加古川事務所のスタッフより、ニュースにもなっている加古川市上空の空の色に関する話題提供がありました。最近になって兵庫県加古川市付近の夜空が真っ赤に染まる日があるというのです。普通、空が赤く染まると言えば「夕焼け」ですが、夕焼けは太陽が地平線に傾いた時、波長の短い青系の光が大気中で反射・散乱されて赤系の光だけが残るので、空が赤やオレンジに見える自然現象です。しかし、今回の現象は太陽がとっぷりと沈んだ後の夜空でも見られるのだそうです。住民の中には火事と間違って消防へ通報してしまった方もいたそうです。


redsky_kakogawa


では、今回の赤い光の原因は何なのでしょうか。

国土交通省では、「航空障害灯」なのではないかと示唆しています。航空機に高層建築物の所在を知らせる「航空障害灯」が取り付けられた建築物が加古川市には52棟、隣の神戸市には162棟ありますが、写真を見た感じでは何ともうなずき難いところです。

 

夜も稼働している神戸製鋼所加古川製鉄所のナトリウム灯ではないかという声もあるそうです。トンネルの中でもよく使われているナトリウム灯は、製鉄所の構内でもたくさん使われています。オレンジ色の照明で、赤寄りの波長が遠くに届くため視認性が高くなるという特長を持っています。しかし、ナトリウム灯はどちらかというと赤というよりもオレンジという感じがしますよね。

 

そもそも、この赤い光は何に反射して空に広がっているのでしょうか。

加古川事務所のスタッフによれば、この赤い光が見えている時も兵庫県内の大気質の測定値(主に地表)に異常な上昇などは見られないと言います。

 

3月以降、環境省では車の排ガス、工場のばい煙、中国からの越境汚染など、様々な観点から原因究明に当たっているそうです。また、兵庫県の環境研究センターは、標高が低く、高い山がないという加古川流域の地形が、何らかの形で大気中の浮遊物質に影響している可能性に注目しているそうです。

 

いずれにしても現代の環境ミステリー。続報が楽しみですね。