ミツバチたちが飛びまわって蜜を集めてくる植物のことを「蜜源」とか「花粉源」と呼びます。以前、「マルハナバチ国勢調査」の話題を掲載させて頂きましたが、東京などの大都市圏でも、緑のある場所には意外と、この「蜜源」になる植物があって、ミツバチが飛びまわっていたりします。

 

なんと、東京駅からほど近い八重洲ブックセンターの屋上でもミツバチ達が飼育されているそうですが、八重洲からだとミツバチはどこへ蜜を採りに行っているのでしょうか?

 

そんな素朴な疑問を解き明かすイベントが次の日曜日に開催されます。その名も『親子で探そう!蜜源ウォーク』。幼稚園から中学生とその保護者を対象に開かれるこのイベントでは、八重洲周辺の緑地で蜜源となる植物を探し出し、ミツバチの生態をつまびらかにしていくそうです。天気も良くなりそうなので、お子さんと一緒に街の緑や生き物の生態を楽しく学んでみてはいかがでしょう。

beekeeping
 

---イベント概要---

B-Bee Project 『親子で探そう!蜜源ウォーク』

 

対象:幼稚園から中学生の方 および その保護者様 ※必ず保護者同伴での参加となります

集合場所:八重洲ブックセンター8F ギャラリー

開催日時:1026 () 10:3011:30(集合1020

服装:動きやすく、肌の露出の少ない白めの格好(スニーカー、ズボンなど)

準備:カメラ、双眼鏡、筆記用具などをご用意いただけるとより楽しめます

参加費:無料

募集人数:1020名(申込み先着順)

申込方法:八重洲ブックセンター1階カウンターまたは電話(03-3281-8201)にて

主催社HPhttp://www.yaesu-book.co.jp/events/other/4989/