116日、米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)が、2014年の世界の平均気温が、記録の残っている1880年以降で、最も高かったと発表しました。それぞれの発表によれば、それぞれが別々の分析から同じ結論に達したとのこと。それだけ、信憑性があると言っています。また、地球温暖化が進んでいる実態があらためて浮き彫りになったとされています。

 

NASAによれば、世界6300箇所の測候所や船舶、ブイ観測による海面温度のデータ、南極の観測基地などで測定された温室効果ガスのデータなどを元に分析したところ、温暖化の傾向は二酸化炭素などの温室効果ガスの増加によって加速されているとのこと。気温が高かった上位10位は、1998年を除くと全て今世紀以降に集中しているそうです。

 

NOAAの発表では、2014年の平均気温は、基準となる20世紀の平均13.9度よりも0.69度も高く、過去最高だった2010年と2005年の差0.65度も上回ったそうです。

 

アメリカのケリー国務長官は、この観測結果に関連する声明で、「問題は、科学ではない。いつどのように世界が反応するかである。」と述べています。

giss-temp-360