来たる9月15日(火)から17日(木)の3日間、新宿区の早稲田大学西早稲田キャンパスで、第56回の大気環境学会年会が開催されます。

大気環境学会は、昭和34年の設立以来、半世紀以上にわたって日本の大気環境研究をリードし続けてこられました。現在も1000名以上の会員様が所属し、PM2.5やオキシダントだけでなく、様々な環境大気を取り巻く課題に取り組んでおられます。今回の年会でも、多くの会員様が一堂に会し、日頃の研究成果を発表されます。年に一回、大気環境研究に関する最新の情報が交換・発信される貴重な場となります。

 

この年会では「カーボン・オフセット」をテーマの一つに掲げており、年会実施によるCO2の排出量の算定を行うとともに、オフセットにも試行的に取り組む予定です。さらに特別セミナーとして「地球温暖化対策とカーボン・オフセット」が開催されます。グリーンブルーからも、年会のカーボン・オフセットについて講演させて頂く予定です。

この特別セミナーでは、地球温暖化の概要や地球温暖化防止策の一つであるカーボン・オフセットへの取り組みの現状を産官学それぞれのスペシャリストが発表されます。大気環境学会の会員のみならず、広く一般の方も聴講できるので、参加をご希望される方は下記のURLから詳細をご確認の上、メールにてご応募ください。

 

特別セミナー詳細:https://conv.toptour.co.jp/2015/jsae56/seminar.html

応募先メールアドレス:jsae56-carbon@tobutoptours.co.jp

(ご所属、お名前、電話番号、メールアドレスを記載下さい)

※特別セミナーは定員がありますので、満員の場合はご了承ください

 

waseda

○ 第56回大気環境学会年会

主催:公益社団法人 大気環境学会

会期:平成27年9月15日(火)~17日(木)

会場:早稲田大学西早稲田キャンパス 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1

後援:環境省、日本学術会議(予定)、全国知事会、全国市長会、東京都、新宿区

協賛:(公財)日本環境協会、(一社)産業環境管理協会

 

○ 特別セミナー

日時:2015917日(木)14001700

場所:早稲田大学西早稲田キャンパス 63号館2F 203教室

参加費:無料(大気環境学会年会参加登録者)

500円(一般の方:資料代として。カーボン・オフセットの木製名札付き)

座長:早稲田大学 理工学術院 大河内 博 教授


学問・科学 ブログランキングへ