グリーンブルーの営業スタッフが新宿は歌舞伎町にある「VR ZONE Shinjuku」に最新のヴァーチャルリアリティー(仮想現実)の技術を見に行ってきました。とはいってもエンターテイメント用のゲームコンテンツで遊んできただけなのですが...。

画像1

ヴァーチャルリアリティー=VR用のゴーグルをかけ、ヘッドフォンを着けると、人工的に作られた仮の現実世界に放り込まれたような感覚に陥ります。ゴーグルは右目と左目の視差を利用して奥行きのある画像を我々の眼に投影します。更に同じゴーグルに仕込まれたジャイロセンサーは我々がどの方角を見ているのかを瞬時にシステムにフィードバックするので、見ている画像がその人の見ている方向に応じて変わり、あたかも自分の身の周りに仮の世界が広がっているかのように見えてしまうのです。更にヘッドフォンからのサラウンド音響、揺れるシートなどが錯覚を増長します。

グリーンブルーでは、このVR技術を保守・調査サービスなどをご利用になられるお客様に利用して頂けないか検討しています。グリーンブルーのスタッフは、お客様からのご依頼で様々な場所に赴きます。行く道も急峻な山岳地の森林、粉じんや温度環境の過酷な工場、地下深く潜ったトンネルの中と、赴く先は様々ですがお客様にご一緒して頂くことはできない場所も少なくないのです。

そこで、VR技術によってあたかもその現場に行ったように感じて頂ければ、モニタリングや調査の結果も手に取るように感じ取って頂けるのではないかと考えています。ご興味のある方は、ぜひ「ここの状況を見せてくれ」とご依頼ください。ガンダムやエヴァンゲリオンは出せませんが、頑張ります。

画像2

VR ZONE SHINJUKUウェブサイト
https://vrzone-pic.com/




環境問題・保護ランキング