梅雨明けしたばかりのこの時期は、光化学スモッグ(オキシダント)が高くなり、グリーンブルーのスタッフもこの観測業務で精力的に観測現場に出かけていきます。ドローンチームによる大気質の観測業務もこの時期のご依頼が非常に多くなっています。

2019-08-05_27

各自治体の大気常時モニタリングは地上で行われますが、ドローンで数百メートル上空の測定を行うと大気の汚染構造を解明するのに役立つ測定データが得られるのです。

2019-08-05_54

ドローンチームの面々は、日焼け止めクリームをたっぷり塗って出動していきますが、炎天下で数十分の飛行の間、上空を見上げて操縦するため身動きできず、汗だくになって帰って来ます。