新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、外出したり人と会ったりすることを自粛しなければならない日々が続いています。
学校やお仕事に行けないだけでなく、公園で運動不足を解消しようとしても、逆に多くの人と一緒になってしまったりしていませんか。
ジョギングをしても、思いのほか遠距離まで飛沫が舞うということで、なかなか健康的に過ごすのが難しい状況ですね。

そんな中でもグリーンブルーでは、感染の危険性が上がらないような屋外での環境調査業務や保守サービスなどについては、必要な対策を講じた上で予定通りに実施しています。

現場にいるスタッフからは、樹々の芽が息吹きはじめ、山や森の緑が濃くなってきているとの報告が入ってきています。

その中でも、とある地方の河畔で撮影された動画をまとめましたのでご覧ください。



桜の満開は過ぎてしまっていた様ですが、黄色い菜の花も目にとまります。このビデオでなんとなく公園や川岸を散歩したような気持になって頂ければと思います。