windmill

デンマークのロラン島はコペンハーゲンから南へ150kmほど、バルト海の西端にある沖縄本島ほどの広さの島です(1,243km2)。

なんと、この島で消費される電力は、全て自然エネルギーで賄われています。島内や島の沖合に建てられた風力発電の風車は約600基。ロラン島の年間の発電量は2500ギガワットにも及んでおり、島で必要な電力量の5倍にもなります。

これらの風車を所有する農家は、主要産業として じゃがいも、麦、甜菜などを生産する傍ら、余剰の電力をコペンハーゲンなどの都市に送電して収入を得ています。