kasai

先月、7月15日の海の日に、葛西海浜公園(東京都江戸川区)の砂浜で「海開き」が行われました。かつては、東京都内にも葛西や芝浦、大森海岸などに海水浴場がありましたが、水質の悪化などで1960年代には泳げる状態ではなくなってしまいました。現在の東京都内では、城南島海浜公園(大田区)やお台場海浜公園(港区)でも水遊びはでますが、遊泳は禁止されています。

今回、「tokyo海水浴」と題して葛西で海水浴を実現させたNPO法人の「ふるさと東京を考える実行委員会」の関口理事長は「50年ぶりに都内の海水浴場が復活した」と強調されています。大雨の後には水質が悪化するので、水に顔をつけて泳ぐことはできなくなりますが、8月末までの土曜、日曜は大勢の家族連れで砂浜が賑わうことでしょう。

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html