グリーンブルーのブログ

環境問題でお悩みの地方自治体や企業、 最新の研究に取り組まれる研究者の方々に 環境調査、環境分析、環境モニタリングをベースに貢献している グリーンブルー株式会社が最新のニュースやその時々の話題をお届けします。

カテゴリ: 環境ニュース

埼玉県環境科学国際センターの上空300mまで大気を調べるため、飛行の予定です。埼玉県では光化学スモッグ注意報が日本で最も多く出されています。光化学スモッグの原因となるオゾンをはじめ、大気汚染物質は呼吸器系に潜在的に悪い影響を与えますが、喘息などの基礎疾患をお…
>>続きを読む

久しぶりに映画のご紹介を差し上げます。長い間新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛が求められる期間が続いていましたが、映画館での作品鑑賞も難しい状況が続いています。それでも少しずつ感染防止の工夫をしながら、今回ご紹介するような作品が大きなスクリー…
>>続きを読む

主に関西地方の測定器保守の現場を駆け巡っているスタッフから、駐車場のアスファルト塗装を割って花を咲かせた小さな雑草の写真が送られてきました。 日々のメンテナンスで次から次と大気の常時監視測定局を忙しく移動していく時にも、こんなささやかな命に目を止めること…
>>続きを読む

グリーンブルーでは、高山や山岳地での環境観測を行うために許可を得て国立公園の奥まで立ち入ったりすることがあります。例えば、環境大気の調査などを行う時には、大気境界層(地表面から500m~2kmくらい)を大きく超えて、自由大気の中に突出している富士山や日本アルプス…
>>続きを読む

ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省のスベ―ニャ・シュルツェ(Svenja Schulze)大臣は、環境技術の動向を掲載する「グリーンテック・アトラス2021」の取りまとめに際して「新型コロナウイルスのパンデミックの環境技術分野への影響は、全体的な経済影響と比べれば明らか…
>>続きを読む

ボローニャ大学のレオナルド・セッティ氏が率いる研究チームによれば、イタリア北部のベルガモ州の工業地帯で実施された大気調査で、採取された空気サンプルの中の粒子に新型コロナウイルスと合致する遺伝子が検出されたといいます。彼らは、この研究結果はまだ初期的な段階…
>>続きを読む

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、外出したり人と会ったりすることを自粛しなければならない日々が続いています。学校やお仕事に行けないだけでなく、公園で運動不足を解消しようとしても、逆に多くの人と一緒になってしまったりしていませんか。ジョギングをし…
>>続きを読む

この度、グリーンブルー株式会社は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によるリスク軽減と従業員ならびに関係者の皆様の安全確保を目的として、2020年4月6日(月)より従業員を対象としたテレワーク体制をとらせて頂きます。【実施概要】1.従業員の安全の確保と感染…
>>続きを読む

新型コロナウィルス感染の拡大防止のために騒がしい日々が続いています。先日はWHO(世界保健機構)のスタッフが「マスクにはあまり感染を防止する効果がない」とコメントしたりしていましたが、皆さんはマスクがどのようにはたらいているか理解されていますか。例えば、空気…
>>続きを読む

アメリカ疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)のロバート・R・レッドフィールド局長は、2月27日にアメリカ下院で開催された公聴会の発表で、新型コロナウイルス(COVID-19)が物質の表面で生存していられる期間や感染力を維持できる時間を…
>>続きを読む

寒中おお見舞い申し上げます!新年からグリーンブルーのスタッフは全国を飛び回っています。ちょうど岡山城の付近を訪れていた環境情報システム事業部のスタッフから「こんな路上アートがあるんだけど」と写真が送られてきました。何やらビルの壁に英語でこんなことが書かれ…
>>続きを読む

グリーンブルーのスタッフが“ナショジオ オープンキャンパス”~ココリコ田中の動物・環境これ知ってた?~に招待されて参加してきました。ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)が開催するオープンキャンパスのイベントは、企業、行政、大学と連携して地域で…
>>続きを読む

10月24日から11月4日の12日間にわたって東京の有明エリアと青海エリアに分かれて開催された「東京モーターショー」は130万900人の来場者を集めました。その中にいたグリーンブルーのスタッフが賑やかなショーの様子をピンポイントでレポートしてくれました。 最初の話題は…
>>続きを読む

マレーシア滞在中であった海外業務従事中のスタッフから、地元の大気環境に関する以下のような連絡がありました!宿泊先のホテルの6階にインフィニティプールがあり、マラッカ海峡を眺めつつ水浴びでもしようかと階下に降りていったところ、あいにくの曇天でした。プールサ…
>>続きを読む

2019年9月18日から20日の3日間 にわたって、東京都府中市の東京農工大学にて開催された大気環境学会の年会に併設されました環境機器展に展示ブースを出展しました。大気関連の製品やサービスとして、ドローン(UAV)を用いた環境大気測定サービスと大気汚染常時監視システム(…
>>続きを読む

100万人の土着の人々が暮らし、300万種の生物を育んできたアマゾンの熱帯雨林が2週間以上にわたって燃え続けています。ブラジル国立宇宙研究所の発表によれば、アマゾンでは今年の初めから7万4千もの火事が起きており、昨年の同時期と比較すると84%もの驚くべき増加とな…
>>続きを読む

梅雨明けしたばかりのこの時期は、光化学スモッグ(オキシダント)が高くなり、グリーンブルーのスタッフもこの観測業務で精力的に観測現場に出かけていきます。ドローンチームによる大気質の観測業務もこの時期のご依頼が非常に多くなっています。各自治体の大気常時モニタ…
>>続きを読む

レジ袋やペットボトルなどのプラスチック製品が海に到達して発生する海洋汚染が深刻化しているのをご存じでしょうか。ある集計に寄れば、世界中の海洋で毎年最大1200万トンを超えるプラスチックごみが海洋に流入していると言います。さらにその内の数百万トンが海岸線や埋立…
>>続きを読む

5月24日から25日の夕刻にかけて、アメリカ合衆国の西海岸カリフォルニア州北部 テハマ郡の上空に巨大積乱雲(スーパーセル)が出現しました。サクラメントにあるグリーンブルーの協力分析ラボのスタッフからの知らせによれば、このスーパーセルの影響で猛烈な雷雨と暴風…
>>続きを読む

近頃、身の回りでSDGs(エスディージーズ)という言葉を耳にされたことはありませんか?実は学校で教わることが多いので、お子さんの方がよくご存じということもあるようです。グリーンブルーでは、各自治体のお役所に行くとポスターがかかっていたりしますが、廃棄物の最終…
>>続きを読む