グリーンブルーのブログ

環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に環境調査、環境分析、環境モニタリングをベースに貢献しているグリーンブルー株式会社が、最新のニュースやその時々の話題をお届けします。

タグ:アメリカ

2012年の発電量を起点にした場合、2040年には世界全体の発電電力量が約1.9倍に増加すると見られています。しかし、現在の主要なエネルギー資源となっている石油は、産油地である中近東の不安定な政情に影響されるため、埋蔵量が豊富な石炭がエネルギー資源として再び注目され…
>>続きを読む

アメリカ環境保護庁(US_EPA)が公開しているオンライン・マップ・ツールをご存知ですか。アメリカの地質調査所や林野局(FS)などが協力して、複合的な地図システム、エンバイロ・アトラス(EnviroAtlas)が開発され、一般にも公開されています。エンバイロ・アトラスでは、…
>>続きを読む

米国エネルギー省のベター・ビルディング・アライアンス(Better Buildings Alliance)は、駐車場の照明エネルギー効率化(LEEP:The Lighting Energy Efficiency in Parking)のキャンペーンを公式に支援すると発表しました。この支援はアメリカ国内の企業におけるエネルギ…
>>続きを読む

全世界の三分の一のトウモロコシを生産する、アメリカ合衆国中西部に東西にベルト状に拡がる農業地帯を「コーンベルト」と呼びます。オハイオ川渓谷からネブラスカ州、ミネソタ州北部にかけての中西部が、全米のトウモロコシ生産量の80%近くを担っています。   しかし近…
>>続きを読む

  そもそも『アースデイ』とは、どのような催しなのでしょう?アースデイは、1970年にアメリカ ウィスコンシン州上院議員のゲイロード・ネルソン氏が4月22日を「地球の日」であると宣言して誕生しました。また、それより先に国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)でもアー…
>>続きを読む

米東部時間の15日未明にアメリカ各地で皆既月食が観測される見通しです。 今年から来年にかけて4回も連続で起こる一連の皆既月食は、北アメリカでは今月と10月に加えて、来年の4月4日と9月28日の合計4回も観測できる見込みです。残念ながら最初の皆既月食に当たる今回の現…
>>続きを読む

  地球を取り巻いている大気は大きく循環しており、これを大きく分類すると「ハドレー循環」「フェレル循環」と「極循環」の3つがあります。 このうち、「極循環(きょくじゅんかん)」のことを英語では「Polar Vortex(ポーラー・ボルテックス)」と呼び、この冬、ニュ…
>>続きを読む

アメリカの国立スミソニアン博物館が、所蔵品の3Dデータを公開するプラットフォーム・サイト「スミソニアンX 3D」(Smithsonian X 3D)をβ版で公開しました。このサイトでは、ウェブブラウザで3次元コンピュータ・グラフィックスを表示させるための標準仕様であるWebGL…
>>続きを読む

先月25日、ロサンゼルス市議会はプラスチック製(ビニル製)買い物袋の使用を禁止する条例を可決しました。 年間売上高で200万ドル(約2億円)を上回るか、店舗面積が1万平方フィートを超える大型店舗は、来年の1月1日までにプラスチック製の買い物袋の使用を段階的に廃…
>>続きを読む

アメリカ環境保護庁(EPA)は、喘息などの呼吸器系疾患を持つ人や屋外で活動する人が大気中のオキシダントや浮遊粒子状物質(光化学スモッグやPM2.5など)の影響を受けやすく、気温が上昇する夏に向けてリスクが高まることを認識してもらうよう注意を促す情報発信を行ってい…
>>続きを読む