グリーンブルーのブログ

環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に環境調査、環境分析、環境モニタリングをベースに貢献しているグリーンブルー株式会社が、最新のニュースやその時々の話題をお届けします。

タグ:二酸化炭素

みなさま、あけましておめでとうございます。 新年第一弾の記事は、東京都のCO2排出量削減のニュースからです。   東京都は2002(平成14)年に環境確保条例に基づいて、「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を導入してCO2の削減努力を推進していました。年…
>>続きを読む

2012年の発電量を起点にした場合、2040年には世界全体の発電電力量が約1.9倍に増加すると見られています。しかし、現在の主要なエネルギー資源となっている石油は、産油地である中近東の不安定な政情に影響されるため、埋蔵量が豊富な石炭がエネルギー資源として再び注目され…
>>続きを読む

1月16日、米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)が、2014年の世界の平均気温が、記録の残っている1880年以降で、最も高かったと発表しました。それぞれの発表によれば、それぞれが別々の分析から同じ結論に達したとのこと。それだけ、信憑性があると言っています。また…
>>続きを読む

以前にグリーンブルーがサービスを提供するカーボン・オフセット・プロバイダーのサービスをご紹介しましたが、そもそも「カーボン・オフセットってなに?」というお問合せがありましたので、すこしやさしく解説してみたいと思います。   私たちは進行する地球温暖化に少…
>>続きを読む

可搬型温室効果ガス自動採取装置アグス(AGSS)の製品紹介ビデオを公開しました!農耕地や森林、牧畜場などから発生する温室効果ガス(一酸化二窒素、メタン、二酸化炭素など)の測定でご活用頂ける自動採取装置アグス(AGSS)をご紹介するビデオができました。アグスは温室…
>>続きを読む

アメリカ海洋大気局(NOAA)によれば、今月9日、米ハワイ島マウナ・ロアの気象観測所で測定された大気中の二酸化炭素(CO2)の平均濃度が1日平均で初めて400ppmを超えたとのことです。これを受けて、国連気候変動枠組み条約事務局のフィゲレス事務局長は13日、「我々は歴史…
>>続きを読む