グリーンブルーのブログ

環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に環境調査、環境分析、環境モニタリングをベースに貢献しているグリーンブルー株式会社が、最新のニュースやその時々の話題をお届けします。

タグ:窒素酸化物

2012年の発電量を起点にした場合、2040年には世界全体の発電電力量が約1.9倍に増加すると見られています。しかし、現在の主要なエネルギー資源となっている石油は、産油地である中近東の不安定な政情に影響されるため、埋蔵量が豊富な石炭がエネルギー資源として再び注目され…
>>続きを読む

全国をフィールドに環境大気の常時監視サービスを展開するグリーンブルーのスタッフが、元気に青空を泳ぐ鯉のぼりを目にする季節になりました。桜の花びらも散り、少しずつ山々の緑が青々としてくる季節です。しかし、一年を通して全国各地の大気質の測定結果を見つめている…
>>続きを読む

この度、ドイツの環境庁がドイツ国内各地の観測地点における大気質の測定結果について、中間報告を公表しました。 これによれば、大気中の二酸化窒素(NO2)の汚染状況は、前年と同様に高い測定結果が出ているとのことです。都市地域の交通要所の近くの測定地点の半数以上で…
>>続きを読む

  船舶が排出する温室効果ガスのCO2は10.5億トン/年と言われ、世界のCO2総排出量の3.3%を占めており、例えばドイツ1カ国分の排出量を上回っているのをご存じでしたでしょうか。今後、新興国の経済発展が進めば、国際的な海運業から排出されるCO2の量は2050年までに現在…
>>続きを読む

大気質改善に向けた新たな政策パッケージで経済力もアップ新年、第一弾のニュースは欧州からです。欧州委員会(European Commission)が、大気質の改善に向けた新しい政策パッケージを採択したとホームページでプレスリリースしました。この政策パッケージは、いくつかの政策…
>>続きを読む